検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
2019~情報システム論特殊演習I
4
通年

成瀬 一明

1.サブタイトル Subtitle
ICT(情報通信技術)を活用した情報処理ステムの応用について探求する
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
■学位授与方針(ディプロマ・ポリシー):
①社会が必要とする情報分野の専門知識を修得して活用できる。
②企業活動に伴う諸事象について論理的に考えることができる。
③企業や組織などの諸問題についてITスキルや分析手法を効果的に活用することができる。
④他者に自己の考えを伝えること、また他者の考えを聞いて理解することができる。
⑤社会に関する現代的な専門的教養を修得することができる。
■教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー):
①汎用的技能:企業活動における問題解決のための分析手法を身につけること
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
情報システムは、企業の事業戦略や業務革新のインフラとして必要不可欠になっており、インターネットや移動通信技術を利用したEUCなど利用部門、エンドユーザが参画する情報通信システムの開発・運用が行われている。
本演習の前半では、近年普及が著しい電子商取引システムを対象として、新技術、ビジネス戦略、脅威と安全性、決済、顧客管理に関する知識を習得する。
後半は、実際の電子商取引サイトを対象に利用者、提供者の両面から調査・分析を行い、技術・運用の動向につき理解を深める。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
第1回目 イントロダクション
第2回目~第14回目,第16回目~第20回目
(1)オリエンテーション
(2)The dawn of a maturing industry
(3)The world wide web
(4)Internet architecture
(5)Intranets and extranets
(6)Hosting your web site
(7)Mobile commerce: The business of time
(8)Building e-presence
(9)Web site evaluation and usability testing
(10)Internet marketing
(11)Web portals and web services
(12)Business to business commerce
(13)E-core values: Legal, ethical, taxation and international issues
(14)E-security and the USA patriot act
(15)Encryption: A matter of trust
(16)Getting the money
(17)Going online

第15回目 レポート発表、前半まとめ
第21回目~第29回目
    プロジェクト(演習)
第30回目 レポート・発表、まとめ
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
Electronic Commerce from vision to fulfillment third edition
PEARSON Prentice Hall
Elias M. Awad
0131735217
2007
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
ソフトウェア開発 IT TEXT
オーム社
小泉寿男、辻 秀一、吉田幸二、中島 毅 共著
427413279X
2003
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
別途資料を配布する。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
事前に指示するテーマについて調査(予習1-2時間)を行う
1.0 時間
終了後興味や疑問を持ったトピックについて調査分析しグループウェアにフィードバックとして情報発信する。さらに他履修生のフィードバックを閲覧し情報共有する(復習2-3時間))。
3.0 時間


4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
フィードバック(テスト結果、レポート、補足コメント等)は、利用するグループウェアのフィードバック掲示板や共有フォルダ他に投稿する形で行う。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
半期末ごとにレポート、発表を課す。
①レポート(講義の理解度)20%、②期末の研究発表(分析、考察)20%及び、③演習への取組60%(講義の出席とフィードバックx30回、関連セミナーやフィールドワークへの参画)で評価する。
上記とは別に質問、提案、補助など演習への積極的な貢献を評価する。
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
高度IT人材として、個別の専門分野に関連した情報システムの設計・開発に必要な知識の獲得およびスキル達成を目標とする。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students



Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.