検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
2019~能力開発論演習I
4
通年

作田 良三

1.サブタイトル Subtitle
能力開発に関する体系的研究
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
指導教員の教育・研究指導と、専攻分野に関する学識とスキルを修得し、教育・研究機関、企業、組織などにおいて教育・研究者、高度専門職業人、指導的人物として必要な能力を発揮できる人材の養成を目指す。
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
社会構造や学校教育の変遷をふまえ、日本における能力開発の動向について学習を深め、各自の関心に沿ったテーマを設定し、修士論文の完成に向けて取り組む。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
日本の学校教育や企業内教育の現状をふまえ、その特色や課題を検討する。その際、能力観や学力観、学校教育制度や受験制度、学歴や資格、キャリア教育など、学校と企業の役割や接続の問題について学び、受講生の関心に応じて具体的なテーマを絞り込んでいき、フィールドワークの技法も学ぶ。

第1回:オリエンテーション
第2回:発表およびディスカッション(1)
第3回:発表およびディスカッション(2)
第4回:発表およびディスカッション(3)
第5回:発表およびディスカッション(4)
第6回:発表およびディスカッション(5)
第7回:発表およびディスカッション(6)
第8回:発表およびディスカッション(7)
第9回:発表およびディスカッション(8)
第10回:発表およびディスカッション(9)
第11回:発表およびディスカッション(10)
第12回:発表およびディスカッション(11)
第13回:発表およびディスカッション(12)
第14回:発表およびディスカッション(13)
第15回:発表およびディスカッション(14)
第16回:発表およびディスカッション(15)
第17回:発表およびディスカッション(16)
第18回:発表およびディスカッション(17)
第19回:発表およびディスカッション(18)
第20回:発表およびディスカッション(19)
第21回:発表およびディスカッション(20)
第22回:発表およびディスカッション(21)
第23回:発表およびディスカッション(22)
第24回:発表およびディスカッション(23)
第25回:発表およびディスカッション(24)
第26回:発表およびディスカッション(25)
第27回:発表およびディスカッション(26)
第28回:発表およびディスカッション(27)
第29回:発表およびディスカッション(28)
第30回:まとめ
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
文献は、授業のなかで随時指定する。英語文献も使用する。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
次回の授業内容を確認し、その内容に関する専門書を読んだり、専門用語の意味を調べ理解たり、新聞雑誌等から関連資料を収集しておいてください。
2.0 時間
授業後にテキストや配布資料等を見ながら内容を復習し、授業で出された課題があればしっかり取り組んでください。
1.5 時間
授業において1回のレポート(調査報告)を課します。
0.5 時間

4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
提出物については授業時間内に解説をおこないます。レポート(調査報告)は次回の授業時に解説します。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
授業への取り組み30%、報告30%、レポート40%で評価する。
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
学校・企業における能力開発の動向をふまえ、具体的テーマに関して考察をくわえ、修士論文を作成することができる。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students



Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.