検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
1999~管理会計論特講
4
通年

佐久間 智広

1.サブタイトル Subtitle
管理会計・管理会計研究の基礎的知識を身につける
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
専攻分野に関する学識とスキルを修得し、社会において必要な能力を発揮できる人材の養成を目指す
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
管理会計領域の専門的な学習・研究を行うための土台となる基礎知識を身につけることを目的とします。
具体的には,以下の2つを行います。
(1)代表的なテキスト(Merchant and Van der Stede 2017)の輪読を通して管理会計の基礎知識を身につける
(2)代表的な研究論文の輪読を通して,管理会計研究で扱われるテーマや研究方法を知る
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
1. イントロダクション
2. Management and Control
3. Result Controls
4. Action, Personnel, and Cultural Controls
5. Control System Tightness
6. Control System Costs
7. Designing and Evaluating Management Control Systems
8. Financial Responsibility Centers
9. Planning and Budgeting
10. Incentive Systems
11. Financial Performance Measures and Their Effects
12. Remedies to the Myopia Problem
13. Using Financial Results Controls in the Presence of Uncontrollable Factors
14. Corporate Governance and Boards of Directors
15. Controllers and Auditers
16. Management Control-Related Ethical Issues
17. Management Control in Not-for-profit Organizations
18. 中間レビューと研究論文の読み方
19. 管理会計領域の重要論文輪読(1)
20. 管理会計領域の重要論文輪読(2)
21. 管理会計領域の重要論文輪読(3)
22. 管理会計領域の重要論文輪読(4)
23. 管理会計領域の重要論文輪読(5)
24. 管理会計領域の重要論文輪読(6)
25. 管理会計領域の重要論文輪読(7)
26. 管理会計領域の重要論文輪読(8)
27. 管理会計領域の重要論文輪読(9)
28. 管理会計領域の重要論文輪読(10)
29. 管理会計領域の重要論文輪読(11)
30. まとめ
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
Management Control Systems 4th Edition
Pearson Education Limited
Kenneth A. Merchant and Wim A. Van der Stede
9781292110554
2017
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
重要論文の輪読に関しては,会計学領域のトップジャーナルの論文を中心に,毎週1本の論文を指定します(The Accounting Review; Journal of Accounting Research; Journal of Accounting and Economics; Accounting, Organizations and Society; Management Accounting Research; Journal of Management Accounting Research; Contemporary Accounting Researchなど)。具体的に取り扱う論文については,受講者の専門や興味,研究テーマに合わせて決めます。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
予習及び発表資料の準備
4.0 時間



4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
授業内の議論の中で適宜行います。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
発表資料: 30%,発表: 30%,議論: 40%
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
・大学院レベルの管理会計の知識を身につける。
・管理領域において,世界的に有名な研究を知り,読めるようになる。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students



Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.