検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
1999~情報処理論特講
2
後期

松田 圭司

1.サブタイトル Subtitle
統計学および経営データ解析の学習研究
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
【ディプロマポリシー】
各分野の特講科目を受講することによって学識とスキルを修得し、教育・研究機関、企業、組織などにおいて教育・研究者、高度専門職業人、指導的人物として必要な能力を発揮できる人材の養成を目指す。
【カリキュラムポリシー】
社会で活躍する上で必要な幅広い視野と学識、スキルを涵養する。
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
統計学の知識とデータ解析の技術をパソコンのアプリケーションソフト(具体的には、EXCEL)を用いて習得し、そのことを通じて差別化された管理統計・データ解析の技術習得を目指す。
大学院講義として、事例に基づいた課題演習を行い、実務能力の育成を図る。
必要に応じて自主プロジェクトも加える。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
以下の内容(テーマ)で学習・研究を進めていきたい。
1回目 各種平均値の考え方
2回目 マクロプログラミングとは
3回目 マクロプログラミングの作成
4回目 VBAによるマクロプログラミング
5回目 分散
6回目 歪度、尖度
7回目 二変量解析、相関係数
8回目 中間まとめ
9回目 二項分布
10回目 ポワソン分布
11回目 正規分布
12回目 標準正規分布
13回目 χ二乗分布
14回目 f分布
15回目 まとめ
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
仕事に役立つEXCEL統計解析
ソフトバンククリエイティブ
日花弘子
1920055024808
2011
2
EXCELで学ぶ統計解析入門
オーム社
菅民郎
1923041028002
2009
3
最新MATLABハンドブック
秀和システム
小林一行
1923055030008
2014
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
教科書・参考書は適宜、指示する。また随時教材プリント等用意する。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
講義前に事前に提示されたテキストの部分を読んでおくこと。
日頃から、授業に関連のある新聞や文献を読んでおくこと。
手渡し資料の整理を行うこと。
その他、授業時に適宜指示する。
2.0 時間
講義後に学習した内容をもとに、応用問題などを解き理解の定着をはかる。
2.0 時間


4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
レポートや論文については、評価およびチェックが終了の都度、本人に説明して返却する。その際に、質問なども受け付け回答する。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
出席状況、予習状況および授業貢献度(30%)授業中の演習(50%)課題レポート(20%)により評価する。以上の合計60%を合格とする。
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
統計学の基礎的知識を確かなものにし、各種データの特殊性に応じて研究科レベルの高度なデータ解析ができることを目標とする。
あわせて、各種事象から得られたデータを分析し、実務レベルに即応したプログラミングシステムを設計・開発可能な能力を習得できることを目標とする。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students
質問等はオフィスアワーとメール等で対応する。


Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.