検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
1999~経営戦略論特講
4
通年

苅谷 寿夫

1.サブタイトル Subtitle
イノベーション・マネジメントのレビュー
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
【知識・理解】企業活動を理解・説明するための専門知識を身につけることができる。
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
経営戦略は,いかに他社の製品やビジネスシステムを陳腐化させるかという点で革新をめぐる競争である。革新(イノベーション)をいかにマネジメントするかが最近の戦略論のトピックとしてでてきている。本講義ではイノベーションのマネジメントについて学習する。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
1回目 イントロダクション
2回目 イノベーションとは
3回目 イノベーションの評価・測定
4回目 ローテク産業のイノベーション
5回目 サービス産業のイノベーション
6回目 社会におけるイノベーション
7回目 ビジネスシステムのイノベーション
8回目 ハイテク産業のイノベーション
9回目 顧客価値とイノベーション
10回目 事例研究1
11回目 社会技術システム論からのイノベーション
12回目 金融・証券市場とイノベーション
13回目 破壊的イノベーション再考
14回目 イノベーションの普及と先発者・後発者
15回目 ユーザーからのイノベーション
16回目 オープン・イノベーションとクローズド・イノベーション
17回目 事例研究2
18回目 イノベーション・マネジメントとHRM
19回目 組織構造・組織過程とイノベーション
20回目 イノベーティブな企業とは
21回目 イノベーションが雇用に与える影響
22回目 事例研究3
23回目 先行研究レビュー1
24回目 先行研究レビュー2
25回目 先行研究レビュー3
26回目 先行研究レビュー4
27回目 事例研究4
28回目 事例研究5
29回目 事例研究6
30回目 まとめ
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
Managing Technological Innovation
John Wiley & Sons, Inc
Betz, Frederick
0471225630
2
The Oxford Handbook of Innovation
Oxford University Press
Fagerberg, Jan, Mowery, David C., and Nelson, Richard R
0199264554
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
参考書を授業中に適宜指定する。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
各章を事前に読解し,レジュメを作成する。
3.0 時間
授業終了後,受講生は各人の研究テーマとの関連づけや現在の事例を見出す。
1.0 時間


4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
レジュメ,レポートについて授業中にコメント,解説する。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
課題レポート(30%),授業中の報告(40%),ディスカッション(30%)で評価する。
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
イノベーション・マネジメントの全体像を理解し,主要な論点についての議論を踏まえてテーマを設定し,レビューが行えること。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students
遅刻厳禁。予習必須。


Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.