検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
1999~経営管理論特講
4
通年

麓 仁美

1.サブタイトル Subtitle
組織行動論
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
【知識・理解】企業活動を理解・説明するための専門知識を身につけることができる
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
この講義は、経営管理論の代表的な学説を原典(外国文献)に立ち返って講読し、その論点と学術的位置づけを正しく理解することを目的とします。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
第1回 Introduction
第2回 Origins of Organizational Behavior
第3回 The Individual in the Organization
第4回 Diversity in Organizations
第5回 Job Attitudes and Satisfaction
第6回 Moods, Emotions and Organizational Behavior
第7回 Individual Perception and Decision Making
第8回 Motivation: Basic Concepts
第9回 Motivation: Applied Concepts
第10回 Career
第11回 Mentoring
第12回 Socialization
第13回 Commitment
第14回 Group in the Organization
第15回 Groups
第16回 Group Properties
第17回 Group Decision Making
第18回 Team
第19回 Communication Process
第20回 Leadership: Trait Theories
第21回 Leadership: Behavioral Theories
第22回 Leadership: Contingency Theories
第23回 Leadership: LMX
第24回 Leadership: Transformational Leadership
第25回 Power and Politics
第26回 Conflict and Negotiation
第27回 The Organizational System
第28回 Structure and Organizational Behavior
第29回  Organizational Culture
第30回 Organization System
第29回 Increasing Leadership and Organizational Effectiveness
第30回 Summary
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
必要に応じてプリントを配布します。また、参考書は講義中に指示します。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
講義時に配布するプリントや指示する参考書を読んで、事前レポートを作成してください。
6.0 時間



6.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
提出してもらった事前レポートに対して、コメントを行います。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
毎回の事前レポート60%、授業態度40%で総合的に判断します。
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
経営管理に関する古典的研究を原文のまま講読することで、その論点と学術的位置づけを正しく理解することを目標とします。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students
毎回、事前レポートを課します。事前レポートは授業中に回収しますので、必ずレポート持参で授業に参加するようにしてください。


Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.