検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
2019~経営学部総合講座 実用数学 (1)
2
前期
金曜日2時限
平田 浩一

1.サブタイトル Subtitle
数学の実社会への応用
2.関連する教育諸方針 Course-Related Policies; Diploma and Curriculum Policy
1. 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)【経営】知識・理解 社会が必要とする経営、情報、会計、流通、経営教育、国際ビジネス分野の専門知識を修得して活用できる。
2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)【経営】経営学部総合講座
3.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
高校までに学習した数学の実社会への応用をテーマにし、数学の歴史やパズルを含む広い視点から数学を見直す。
4.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
第01回 イントロダクション
第02回 確率・統計(1) [確率、期待値、鳩の巣の原理]
第03回 確率・統計(2) [クラスに同じ誕生日の人がいる確率、期待値無限大のくじ]
第04回 確率・統計(3) [袋詰め野菜、組合せ計量装置]
第05回 幾何(1) [ベクトル、三角形の重心]
第06回 幾何(2) [反射と屈折、再帰反射]
第07回 幾何(3) [面積と体積の公式、等高重心立体]
第08回 数学の歴史(1) [暦、太陰太陽暦、太陽暦]
第09回 数学の歴史(2) [和算、庶民の数学、油わけ算、フローとストック]
第10回 パズルと数学(1) [探索問題、縦型探索、横型探索]
第11回 パズルと数学(2) [一筆書き、最短経路問題]
第12回 パズルと数学(3) [タングラム、2020年東京オリンピックエンブレム]
第13回 数学の歴史(3) [エッシャー、壁紙模様、対称性]
第14回 数学の歴史(4) [折り紙、裁ち合わせ、一刀切り]
第15回 「まとめ」
5.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
6.参考書 Reference Book(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books
授業に用いる資料は、その都度、プリントして配布します。
7.準備学習(予習・復習) Expected Work outside of Class時間
1. 次回の授業内容を確認し、予習として専門用語等の意味を調べ理解しておくこと
1.0 時間
2. 授業後にノートなどを見ながら復習をすること
1.0 時間
3. 毎回レポートを課す
2.0 時間

4.0 時間
8.フィードバック Instructor Feedback
レポートについては、採点しコピーを返却する。期末試験については、試験後に解答例を解説する。
9.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
期末試験 3割 + レポート課題 7割
10.学習の到達目標 The Main Goals of Course
1. 数学の応用について理解ができる。
2. 数学の歴史について理解ができる。
3. 簡単な数学の計算処理ができる。
11.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students
1. 配布されるプリントを参考にして、中学・高校で学習した内容の復習をお勧めします。
2. ハサミ、セロハンテープ、電卓などを使用する回があります。その都度連絡するので持ってくること。
3. 授業時間外での質問にはメールで対応する。授業中に連絡方法を説明する。


Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.