検索結果画面へ戻る閉じる

入学年度
app year
科目名(クラス)
Course Title
単位数
credits
開講期
year
時間割
担当教員名
Instructor(S)
2000~経営学部特別講義 ビジネスマナー (1)Specific Topics of Business Administration : Business Etiquette
2
前期
木曜日5時限
山崎 民

1.サブタイトル subtitle
良好な人間関係を築くためのビジネスマナーとコミュニケーション
2.授業科目のテーマと目的 Theme of the Course
良好な人間関係を築く上で基本となるビジネスマナーを習得し、「話す」「聞く」等のコミュニケーション能力を向上させる。社会人になる前に、また就職活動に際し、必要な能力を体験しながら身につける。
3.授業科目の内容・具体的な授業計画及び進度 Course Description and Outline
第1回目 イントロダクション
第2回目 話しことばについて
第3回目 あいさつ・受け答え・自己紹介
第4回目 話しことばと音声
第5回目 話す・聞く
第6回目 ことばの選び方・表現の方法
第7回目 話しことばと敬語
第8回目 間違いやすい敬語
第9回目 電話のマナー
第10回目 ビジネスマナーの実際
第11回目 ビジネスマナーの心得
第12回目 グループディスカッション
第13回目 プレゼンテーション(発表)
第14回目 プレゼンテーションのまとめ
第15回目 まとめ
4.利用教科書 Textbook(s)
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
話しことばとコミュニケーション(CD付き)
日本話しことば協会
-
0000000000000
2017
2
5.参考書
No.
書名
(Title)
出版社
(Publisher)
著者
(Author)
ISBN番号
(ISBN)
発刊年
(pub,year)
1
2
3
4
5
※教科書・参考書以外の資料 Materials other than textbooks and Reference Books

6.準備学習(予習・復習) Preparation for Class
授業前にテキストの該当部分を読んでおくこと。
その他、授業時に適宜指示する。
7.評価の方法・基準 Criteria for Evaluation
筆記試験50%、受講態度・授業の到達度50%で判定し、素点を成績とする。
8.学習の到達目標 The Main Goals of Course
1.社会人になる前に、必要なビジネスマナーを身につけることができる。
2.公的な場面での好感のもてるコミュニケーション力を身につけることができる。
3.効果的に自己表現できる。
9.その他の留意事項について Additional Instractions / Comments to Students
定員は50名とし、受講希望者が定員を上回った場合は上回生から優先して決定する。
尚、前期と後期で同じ内容の講義を行っており、前期で受講できない場合、後期で受講できる。


Copyright(c)2007-2016 Matsuyama University.All rights reserved.