photo
    (最終更新日:2018-07-09 21:24:22)
  マツオカ イチロウ   MATSUOKA Ichiro
  松岡 一郎
   所属   松山大学  薬学部 医療薬学科
   職種   教授
E-Mail アドレス
  kyoin_mail
学歴
1. 1973/04~1977/03 大阪大学 理学部 生物学科 卒業
2. 1977/04~1982/03 大阪大学 理学研究科 生物化学 博士課程修了 理学博士
専門分野(キーワード)
神経化学, 機能生物化学, 生物系薬学 (キーワード:神経科学、細胞生物学、分子生理学) 
研究課題
1. 2017/04~  何が「被害者」の連帯を可能にするのか ―「薬害HIV」問題の日英比較 科学研究費補助金 基盤(B) 
2. 2013/04~2016/03  「薬害教育」に向けた多声的「薬害」概念の提起:薬害を防ぐ教育の方略 科学研究費補助金 基盤(B) 
3. 2011/04~2014/03  神経新生を調節するBRINPファミリー遺伝子が関与する精神神経疾患の基盤解明 科学研究費補助金 基盤(B) 
4. 2008/04~2011/03  神経細胞の分化と生存維持に対するBRINPファミリータンパク質 科学研究費補助金 基盤(B) 
5. 2000/04~  遺伝子ノックアウトマウスを用いた精神疾患中間表現型の同定 国内共同研究 
全件表示(6件)
授業担当科目名
※シラバス(Syllabus)をご覧下さい Link
職歴(研究職歴)
1. 1982/04~2008/03 北海道大学 薬学部 大学院 薬学研究院 ・ 准教授
2. 1988/09~1989/08 Departmentof Biochemistry, Imperial College of Science and Technology Academic Visitor
3. 1989/09~1990/12 Max-Planck-Institut fur Psychiatrie Abteilung Neurochemie Max Planck Fellow
4. 2008/04~ 松山大学 薬学部 生理化学研究室・教授
5. 2012/04~2014/03 松山大学 薬学部 薬学部長
全件表示(6件)
所属学会
1. 1982/10~ 日本神経化学会
2. 1999/11~ ∟ 評議員
3. 1999/01~ 日本薬学会
4. 2018/03~ ∟ 理事
5. 1993/01~ Society for Neuroscience
全件表示(9件)
著書・論文歴
1. 2018/06 論文  Decreased parvalbumin and somatostatin neurons in medial prefrontal cortex in BRINP1-KO mice. (共著) 
2. 2018/05 論文  Existence of NEU1 sialidase on mouse thymocytes whose natural substrate is CD5 (共著) 
3. 2017/10 論文  Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders. (共著) 
4. 2017/10 論文  薬学生・医学生を対象とした「バイタルサインからの臨床診断BPVS(Basic Physiology of Vital Signs)シミュレーショントレーニング」による教育効果 (共著)  Link
5. 2017/05 論文  Interaction of FAM5C with UDP-glucose:glycoprotein glucosyltransferase 1 (UGGT1): Implication of N-glycosylation in FAM5C secretion. (共著) 
全件表示(87件)
依頼講演
1. 2017/09 薬学教育の枠組みを「知る」ことからFD活動を考える(名古屋)
2. 2016/06 家庭医を教育するオーストラリアの薬剤師:アカデミックディテーリングとNPSの活動(東京)
3. 2008/08 Physiological Roles of BRINP Family Genes in Cell Cycle Regulation and Plasticity in the CNS(Biomedicum-Helsinki in Helsinki, Finland)