photo
    (最終更新日:2018-12-07 10:04:35)
  シバタ カズヒコ   SHIBATA Kazuhiko
  柴田 和彦
   所属   松山大学  薬学部 医療薬学科
   職種   教授
学歴
1. 1980/04~1983/03 九州大学 薬学研究科 博士課程修了 薬学博士
専門分野(キーワード)
臨床薬学, 神経薬理, 神経科学 (キーワード:臨床薬剤薬理学、中枢神経薬理) 
研究課題
1.   新規生理活性物質の機能解明 個人研究 
授業担当科目名
※シラバス(Syllabus)をご覧下さい Link
職歴(研究職歴)
1. 1983/04~1984/03 九州大学 薬学部 助教
2. 1984/04~1988/03 福岡大学 医学部 助教
3. 1988/04~1990/03 Sinai Hospital of Detriot(USA) ポスドク
4. 1990/04~2002/06 福岡大学 医学部 講師
5. 2000/04~2000/04 国立循環器病センター研究所 生化学部・在外研究員
全件表示(7件)
所属学会
1. 1979/04~ 日本薬理学会
2. 1986/05~ ∟ 学術評議員
3. 1988/10~ 米国神経科学会
4. 1998/05~ 日本神経科学学会
5. 2002/07~ 日本病院薬剤師会
全件表示(10件)
著書・論文歴
1. 2008/01 論文  Increased DOI-induced wet-dog shakes in adrenocorticotropic hormone-treated rats are not affected by chronic imipramine treatment: possible involvement of enhanced 5-HT(2A)-receptor expression in the frontal cortex. (共著) 
2. 2008/04 論文  Selegilin exerts antidepressant-like effects during the forced swim test in adrenocorticotropic hormone-treated rats. (共著) 
3. 2008/02 論文  Effects of imipramine and bupropion on the duration of immobility of ACTH-treated rats in the forced swim test: involvement of the expression of 5-HT2A receptor mRNA. (共著) 
4. 2008/12 論文  Nicotinic acetylcholine alpha4beta2 receptor regulates the motivational effect of intracranial self stimulation behavior in the runway method. (共著) 
5. 2008/05 論文  Chronic coadministration of carbamazepine together with imipramine produces antidepressant-like effects in an ACTH-induced animal model of treatment-resistant depression: involvement of 5-HT(2A) receptors? (共著) 
全件表示(89件)
学外審議会・委員会等への貢献
1. 2008/04~2009/04 梶浦病院治験審査委員会委員 外部委員
資格・免許
1. 1977/07/01 薬剤師免許