(最終更新日:2017-05-23 10:05:18)
  マツダ タツヒコ   MATSUDA Tatsuhiko
  松田 龍彦
   所属   松山大学  法学部 法学科
   職種   准教授
学歴
1. 1996/04~2001/03 中央大学 法学研究科 博士課程単位取得満期退学
専門分野(キーワード)
キーワード:刑事訴訟法 
研究課題
1. 1992/04~  二重危険についての日米比較検討 個人研究 
授業担当科目名
※シラバス(Syllabus)をご覧下さい Link
職歴(研究職歴)
1. 2006/04~2007/09 松山大学 法学部 法学部 専任講師
2. 2007/10~ 松山大学 法学部 法学部 准教授
所属学会
1. 警察政策学会
2. 日本刑法学会
著書・論文歴
1. 2010/03 論文  刑事司法制度への国民の参加と法外要素の除外についての一考察 (単著) 
2. 2004/10 論文  一訴追の範囲・一罪の範囲と訴追濫用の抑制――最高裁判例の検討を題材として (単著) 
3. 2004/08 論文  捜索・押収手続での令状の事前呈示とKnock and Announce(来意告知)法理――日米最高裁判断の比較と検討 (単著) 
4. 2006/08 論文  憲法第39条と二重危険法理―特に政府による再度の訴追に関する若干の考察― (単著) 
5. 1997/02 論文  検察官による再公判の可否――二重危険禁止条項の理論と解釈 (単著) 
全件表示(19件)