photo
    (最終更新日:2017-05-23 10:05:18)
  ナカムラ マコト   NAKAMURA Makoto
  中村 真
   所属   松山大学  薬学部 医療薬学科
   職種   准教授
学歴
1. 1987/04~1990/03 北海道大学 薬学研究科 博士課程修了
専門分野(キーワード)
発生生物学, 細胞生物学, 遺伝 (キーワード:発生生物学、遺伝学) 
研究課題
1.   RNAメタボリズムと形態形成 個人研究 
授業担当科目名
※シラバス(Syllabus)をご覧下さい Link
所属学会
1. 1992/03~ 米国遺伝学会
2. 1993/10~ 日本分子生物学会
3. 1995/04~ 日本発生生物学会
著書・論文歴
1. 1994/01 論文  Musashi,a neural RNA-binding protein required for Drosophila adult external sensory organ development. (共著) 
2. 2000/01 論文  The Decapentaplegic morphogen gradient regulates the notal wingless expression through induction of pannier and u-shaped in Drosophila. (共著) 
3. 1998/01 論文  Role of Dpp signalling in prepattern formation of the dorsocentral mechanosensory organ in Drosophila melanogaster. (共著) 
4. 2001/01 論文  Mutations in the Drosophila dTAK1 gene reveal a conserved function for MAPKKKs in the control of rel/NF-kappaB-dependent innate immune responses. (共著) 
5. 2000/01 論文  TAK1 participates in c-Jun N-Terminal Kinase signaling during Drosophila development. (共著) 
全件表示(21件)