(最終更新日:2018-11-02 12:57:03)
  エンドウ ヤスヒロ   ENDO Yasuhiro
  遠藤 泰弘
   所属   松山大学  法学部 法学科
   職種   教授
学歴
1. 2001/04~2004/03 北海道大学 法学研究科 法学政治学 博士課程単位取得満期退学
2. 2005/06/30
(学位取得)
北海道大学 博士(法学)
専門分野(キーワード)
政治学, 基礎法学, 思想史, 公法学, 西洋史 (キーワード:ドイツ政治思想史・政治学) 
研究課題
1. 2014/04~2018/03  主権なき国家論は可能か?:フーゴー・プロイスの思想と行動 個人研究 (キーワード:政治学、ドイツ政治思想史、主権、自由主義、民主主義)
2. 2018/04~  国家緊急権とデモクラシー:ワイマール共和国における大統領緊急権の実像 個人研究 
3. 2007/04~2010/03  第二帝政期からワイマール期にかけてのドイツ政治思想(オットー・ギールケ、フーゴ・プロイス)、主権概念の再検討 個人研究 (キーワード:オットー・ギールケ フーゴ・プロイス 主権 ドイツ自由主義 ドイツ政治思想史 政治学)
4. 2010/04~2014/03  19世紀ドイツ自由主義の政治構想:主権概念の定位をめぐる知的格闘の系譜 個人研究 (キーワード:主権、連邦国家、ドイツ自由主義、オットー・ギールケ、フーゴ・プロイス、ゲオルグ・ベーゼラー)
5. 2011/04~2014/03  ドイツ連邦主義の連続と断絶に関する多角的研究:ワイマール期を中心とする比較考察 国内共同研究 
全件表示(6件)
授業担当科目名
※シラバス(Syllabus)をご覧下さい Link
職歴(研究職歴)
1. 2004/04~2008/03 北海道大学大学院 法学研究科 助教
2. 2008/04~2013/03 松山大学 法学部 准教授
3. 2013/04~ 松山大学 法学部 教授
教育・研究・社会貢献に関する受賞歴
1. 2014/05 政治思想学会研究奨励賞
所属学会
1. 2002/05~ 政治思想学会
2. 2007/06~ 日本政治学会
3. 2008/05~ 法制史学会
4. 2008/09~ 社会思想史学会
5. 2010/08 法文化学会
著書・論文歴
1. 2017/08 論文  Die Bundesstaatslehre Otto von Gierkes (単著) 
2. 2015/12 論文  ヴァイマル憲法制定過程の審議過程におけるフーゴー・プロイス (単著) 
3. 2007/12 著書  オットー・フォン・ギールケの政治思想―第二帝政期ドイツ政治思想史研究序説― (単著) 
4. 2014/05 論文  フーゴー・プロイスの国際秩序観-直接公選大統領制構想の思想的前提- (単著) 
5. 2012/05 論文  フーゴー・プロイスとドイツ革命 (単著) 
全件表示(34件)
学外審議会・委員会等への貢献
1. 2014/01~ 松山地裁簡易裁判所判事推薦委員会 委員
依頼講演
1. 2016/09 愛媛県の取り組み(法政大学 ボアソナードタワー 25階)
2. 2017/03 デモクラシーはなぜ崩壊したのかードイツ・ワイマール共和国の経験に学ぶ(愛媛県教育会館1階会議室)
3. 2017/05 ワイマール共和国の特徴と経緯(さっぽろ自由学校「遊」)
4. 2017/06 ナチスによる権力掌握と支配の経験から何を学ぶか(さっぽろ自由学校「遊」)
5. 2017/07 フーゴー・プロイスと大統領緊急権~ヴァイマル憲法48条をめぐって(北海道大学法学部)
全件表示(74件)